ショーケース
2007年2月10日

パーラーマンモス久米店

リニューアルオープンによって次々とイメージ新たに躍進するパーラー業界。

2006年12月30日にリニューアルオープンする店舗内の景品カウンターバックに、上質で圧倒的な迫力の外観を呈するTRAXON64ミラー40枚、エレベーターホールの壁面にモジュールRGBを48枚を設置する大胆な演出を手掛けました。

今回の施工は、躯体工事が進むなか、当初の予定よりもっと大規模な演出をとの施主オーダーにもとづき、実現いたしました。

12月、既存店舗の完全改装工事が急ピッチで進む現場の進捗に連動し、機器レイアウト及び電源・データ線の配線プランニングから製品の供給まで、初回製品デモンストレーションから1ヶ月という、なによりお客様のニーズに迅速にお応えすることを第一とした短期間の納期で設置いたしました。

特に、演出パターンの選択と制御について、カウンターの女性スタッフでも簡単に選択できるようわかりやすくシンプルなものをとのご要望に応え、e:cueプログラマーによるタッチパネルシステムを提案。

40枚のTRAXON64ミラーを10台のe:cue butlerが受け持ち、モジュール16RGB48枚にさらに1台の専用butlerをe:net上に配置。

プログラマーの演出機能をフルに活用して作成したプログラムは、ブレーカーの電源投入後に全自動起動し、タッチモニターの演出ボタンを選択するだけで操作できる、非常にシンプルな構成といたしました。

大々的なオープニングイベント当日のフロアは多くのお客様で溢れ、現在も、開店から閉店までお店のシンボル的演出を担って元気に稼動しております。

【基礎情報】

  • 設計者 アトリエアイズ
  • 照明デザイン アトリエアイズ 
  • 施工日 11月下旬〜12月下旬
  • 商品構成 TRAXON Mirror64 40台、Module16SMD DMX 48台
  • システム E:CUE BUTLER×11台 e:cue programmer タッチモニタシステム